ダイアログ/収益状況を日次で可視化、最新請求管理サービス紹介

2021年01月13日 

ダイアログは1月28日、新たに提供を開始する物流現場特化型の請求管理サービス「Tariffee」について、物流企業の経営者や経理部門の担当者を対象にしたウェビナーを開催する。

Tariffee

物流企業の請求業務には、「荷主毎の作業量と請求金額がわからず売上げ予測が立てづらい」「請求作業が属人化し膨大な時間がかかっている」「Excelを駆使した複雑な集計作業による人為的ミスが発生する」「コスト削減施策が打ちにくい」といった課題がある。

「Tariffee」では、荷主毎・作業毎・商品毎に料金テーブルを設定し、入出荷実績・作業実績・在庫情報などのデータから簡単に請求書を発行できる。また、倉庫の稼働状況を可視化することで適切な人員配置を可能にすると同時に、請求業務の定型化によって属人化を防ぐことができる。

同セミナーでは、これらの課題に対する解決策となる「Tariffee」の機能概要や導入イメージなど、デモンストレーションを通して紹介する。

■開催概要
日時:1月28日(木) 17:30~18:15(開始15分前から参加可能)
会場:Webセミナーとして配信 ※URLは開催前日までに別途連絡
主催:ダイアログ
テーマ:見えにくい物流現場の収益状況を日次で可視化!物流特化型請求管理サービス「Tariffee」
対象:物流企業の経営者、物流経理部門の担当者
参加費:無料
申込締切:1月28日(木)13:00まで

■サービス詳細
https://www.dialog-inc.com/tariffee/

Salesforce AppExchange:https://appexchangejp.salesforce.com/appxListingDetail?listingId=a0N3u00000ONDyqEAH

■セミナー申込
https://www.dialog-inc.com/webinar_20210128/

■問い合わせ
ダイアログ マーケティング事業部
marketing@dialog-inc.com

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集