Rapyuta Robotics/倉庫運営プラットフォーム開発に着手

2021年01月14日 

Rapyuta Roboticsは1月14日、倉庫管理システムの入出庫情報と連動しながら必要な時に必要な台数のロボットを効率的に作業させることができる倉庫運営オープンクラウドプラットフォームの開発に着手したと発表した。

<開発を目指すプラットフォームの概要図>
プラットフォーム

この取り組みは、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の助成事業「Connected Industries推進のための協調領域データ共有・AIシステム開発促進事業」の一環として、2020~2021年度にかけて実施する。

同プラットフォームを実現することで、物流会社などが複数のロボットメーカーなどのハードウエアやソフトウエアを横断的に活用し、より高度に倉庫作業を効率化することが可能になる。

また、ハードウエアとソフトウエアの開発企業が利用可能な製品をカタログに登録し、物流会社が登録された製品を利用する場合に利用料を支払うサブスクリプションの仕組みの構築を目指す。

最新ニュース

物流用語集