パナソニック/-70℃、18日間保持の真空断熱保冷ボックスを開発

2021年01月21日 

パナソニックは1月21日、ドライアイスなどの保冷剤を用いてマイナス70℃の環境を最長18日間保持できる真空断熱保冷ボックス「VIXELL(ビクセル)」を開発したと発表した。

<真空断熱ボックス「VIXELL」右が120ℓタイプ、左が57ℓタイプ>
20210121panasonic - パナソニック/-70℃、18日間保持の真空断熱保冷ボックスを開発

ワクチンなど医薬品の輸送には、厳格な温度維持が求められる。一般的な断熱ボックスは、板状の真空断熱パネル(VIP)を貼り合わせて断熱層を形成しているため、パネルの継ぎ目からの冷気漏れが課題だった。パナソニックでは、断熱性能を高めるキーデバイスとして、長年、VIPの研究開発を進め、冷蔵庫などの省エネ化を実現してきた。

「VIXELL」は、これまで培ってきた技術やノウハウを生かして、VIPでは実現できなかった、箱型の立体形状に一体成型する独自加工で継ぎ目を無くし、冷気漏れの課題を解決。また、57リットルタイプでは断熱材に発泡ウレタンとグラスウールを使用することで、同社従来開発品と比較して保冷能力を約30%向上させた。

「VIXELL」は、ボックス内に蓄熱ユニットを設置し、蓄熱ユニットの内外に保冷剤を充填することで、温度を維持。蓄熱ユニットや保冷剤を変えることで、マイナス70℃以下のドライアイス温度帯やマイナス20℃以下、2℃~8℃温度帯など、多様な温度設定にも対応する。

断熱材の表面を被うプラスチック製シートは、ドライアイスなどを保冷剤として使用すると、脆化温度を下回り、輸送中の落下や振動によりシートが破損するおそれがあった。今回開発した「VIXELL」では、衝撃吸収構造を採用することにより、ボックス内のシートの破損を軽減。ドライアイス温度帯においても、安定した輸送が可能となった。

同社は、2020年度末より製薬会社や流通業者などへのサンプル提供を開始し、早期の商品化を目指すとしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集