トランコム/長野市に次世代DX拠点を開設

2021年01月21日 
関連キーワード:

トランコムは1月21日、長野市に次世代DX(デジタルトランスフォーメーション)拠点「TRANCOM Logistics Data LAB」を新設した。

<TRANCOM Logistics Data LAB>
20210121trancom 520x347 - トランコム/長野市に次世代DX拠点を開設

<オフィス>
20210121trancom1 - トランコム/長野市に次世代DX拠点を開設

新拠点は、主力事業である物流情報サービス事業の高度化を目的とした機能拠点。国内40か所の情報センターで行っていた受領書処理業務を新拠点に一本化し、ペーパーレスによる電子化に向けて取り組むことで業務効率の向上とパートナー企業への利便性向上を進める。

さらには、物流情報サービス事業が保持するビックデータの分析を行う機能を構築し、各情報センターのサービスレベルや生産性の向上につなげる。

長野県はIT人材・IT産業の集積地を目指しており、また、長野市は産業振興のため企業誘致を積極展開している。新拠点を開設したことで、事業の高度化を推進するとともに、地域の人々や地域スタートアップ企業との交流や連携、障がい者雇用の促進による現地雇用拡大など、地域活性化にも取り組む方針。

■「TRANCOM Logistics Data LAB」の概要
所在地:長野市大字南長野南石堂町1293 長栄南石堂ビル1F
従業員数:社員4名、事務業務17名(開設時)

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集