福岡運輸HD/千葉県船橋市のオー・ケー・ラインをグループ化

2021年01月22日 

福岡運輸ホールディングスは1月22日、福岡運輸を通じて、千葉県船橋市のオー・ケー・ラインの全株式を1月20日に取得し、オー・ケー・ラインは福岡運輸グループの一員となったと発表した。

<オー・ケー・ラインの社屋>
20210122fukuoka1 - 福岡運輸HD/千葉県船橋市のオー・ケー・ラインをグループ化

<オー・ケー・ラインのトラック>
20210122fukuoka2 520x390 - 福岡運輸HD/千葉県船橋市のオー・ケー・ラインをグループ化

今回の株式取得によって、福岡運輸の関東における拠点はオー・ケー・ラインが有する3拠点を合わせて全9か所となり、船橋市においては2か所目の物流センターを構えることとなった。関東一円における福岡運輸グループの物流ネットワーク網は一層強化され、更なる輸送能力の向上及び物流サービスのご提供が可能となる。

また、オー・ケー・ラインの荷主には、グループが全国に展開する物流ネットワークを通じて、一貫した物流サービスを活用してもらえる。

今後は、船橋での物流拠点が近接していることから、物流インフラや営業機能の融合といったシナジー効果を早期に創出する事が可能であり、グループ各社との連携も進めながら、顧客に満足をしてもらえる事業を展開出来るよう、サービスの向上に努めていくとしている。

なお、福岡運輸グループでの定温物流事業は、日本で初めて冷凍車を走らせた福岡運輸を中核として業務を運営。福岡運輸は、関東圏においては神奈川県東扇島、千葉県船橋市の既存拠点に加えて、2012年に川越営業所を設置して以降、岩槻、鶴ヶ島と北関東エリアにおける拠点の増設を行い、物流品質の向上と荷主の利便性向上に取り組んできた。

一方、オー・ケー・ラインは、設立から30年の歴史をもつ、食品小口配送に特化した定温物流企業。船橋市に保有する自社定温物流センター(延床面積2256m2)を主要拠点として、主に関東における食品スーパーの物流センター向けに365日24時間稼働の体制できめ細やかな定温物流サービスを提供し、荷主の支持を得ているという。

■概要
会社名:オー・ケー・ライン
本社住所:千葉県船橋市高瀬町39番地2
設立年月:1992年12月
事業内容 :冷凍冷蔵運送業・倉庫業
直近売上高 :3億6000万円(2020年5月期)
従業員数:45名
車輛台数:18台(冷凍冷蔵車輛)

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集