プロロジス/物流施設の照明制御システムが省エネ大賞で入賞

2021年01月28日 

プロロジスは1月28日、赤外線センサーメーカーのアイキュージャパンと共同開発した「Lumiqs(ルミックス) メッシュネットワークシステム」が、2020年度省エネ大賞「省エネルギーセンター会長賞」を受賞したと発表した。

<2018年度に続き2度目の受賞>
20210128prologis 520x312 - プロロジス/物流施設の照明制御システムが省エネ大賞で入賞

同賞の受賞は、高天井用の人感センサー付きLED照明「Lumiqs BL-640」に続き2度目。

電波を透過しにくい鉄骨・RC構造の大型物流施設で現場のどこからでも制御可能な点、従来比28%の省エネを達成した点、特別な機器を導入せずにタブレットで照明の消費電力を確認できる「消費電力確認」や、人通りの少ない場所を可視化する「動導線管理」など市場初機能でさらに省エネが可能な点が評価され、受賞につながった。

<Lumiqs メッシュネットワークシステム>
20210128prologis1 520x309 - プロロジス/物流施設の照明制御システムが省エネ大賞で入賞

「Lumiqs メッシュネットワークシステム」は、プロロジスとアイキュージャパンが2018年に共同開発した高天井用の人感センサー付きLEDベースライト「Lumiqs BL-640」を、タブレットで制御し使用状況を可視化できるシステム。

物流施設の照明を人通りの多少などによってグループ化し、タブレット上でグループごとに調光設定や点灯・消灯を制御することが可能で、同システムを導入したプロロジスの物流施設では、一般的な高天井用LEDベースライトに比べて電気使用量を53%削減、従来製品の「Lumiqs BL-640」と比べても28%の削減を達成した。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集