NEXCO東日本/北海道・東北で大雪、警戒呼び掛け

2021年01月28日 
関連キーワード:

NEXCO東日本は1月28日、北海道と東北地方で29~30日にかけて暴風雪や大雪のおそれがあることから、交通障害への警戒を呼び掛けている。

北海道では、日本海側南部を中心に大荒れの天気となる見込みで、猛ふぶきや吹きだまりによる交通障害などへの警戒が必要。今後の降雪状況によって高速道路が通行止めになる可能性があるとし、最新の気象状況や交通状況を確認するよう呼び掛けている。

<予防的通行規制区間>
20210128nexco - NEXCO東日本/北海道・東北で大雪、警戒呼び掛け

また、東北地方でも日本海側を中心に猛ふぶきや吹きだまりによる交通障害に警戒が必要なほか、降雪量が多くなり大雪のおそれもあることから、立ち往生や吹雪によるホワイトアウトなどへの警戒を呼び掛けている。

24時間の予想降雪量は、いずれも日本海側の多いところで28日12時~29日12時までに山沿い30cm、平地20cm、29日12時~30日12時までに山沿い、平地ともに40~60cmが見込まれている。その後も断続的な降雪により、30日夜にかけて降雪量はさらに増える見込み。

なお、山形県内の国道112号月山道路では、チェーン規制実施の可能性があるとしている。

 

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集