+A/RaaSラインナップにZMPのCarriRo追加

2021年02月02日 

プラスオートメーション(+A)は2月2日、ZMPの物流支援ロボット「CarriRo」について、RaaS(Robotics as a Service)モデルでの提供を開始すると発表した。

<左:CarriRo AD、右:CarriRo AD+(パレット積載タイプ)>
20210202A 520x186 - +A/RaaSラインナップにZMPのCarriRo追加

「CarriRo」の導入コンサルティング、導入セットアップ、機器レンタル、導入後の運用・保守・改善サービスを一括で、1台あたり月額9万8000円(税抜・1年契約)で提供する。

+Aでは、これまでソーティングロボット「t-Sort」やピッキングアシストロボット「PA-AMR」などの仕分け・ピッキング工程のロボットをRaaSモデルで提供してきた。

今回、顧客から仕分けの前後工程での搬入出などの自動化ニーズに関する要望が多かったことから、「CarriRo」の提供を開始した。

+Aでは、今後もZMPと協働し、同社のロボット技術や自動運転技術によって進化・開発される物流ロボットをRaaSモデルで提供していくとしている。

 

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集