ANA/貨物便輸送事業計画を策定、貨物専用機を成田空港に集約

2021年02月05日 

ANAは2月5日、2021年度の貨物便輸送事業計画を策定した。

<大型貨物専用機ボーイング777型フレイター>
20210205ana1 520x358 - ANA/貨物便輸送事業計画を策定、貨物専用機を成田空港に集約

<貨物専用機ボーイング767型フレイター>
20210205ana2 520x345 - ANA/貨物便輸送事業計画を策定、貨物専用機を成田空港に集約

それによると、貨物専用機による運航便を成田空港に集約することで、機材効率を向上させるとともに、日本発着の輸送需要に加え、成田空港を経由したアジア・中国・欧米間の輸送需要を積極的に取り込み、収益向上を図る。

また、11機の貨物専用機を引き続き最大限に活用し、貨物便ネットワークを展開するとともに、チャーター便・臨時便を機動的に設定し、確実に収益を確保する。

さらに、需要動向や収益性を都度的確に見極め、現在運航していない地点・路線への貨物便就航も検討する。

そのほか、旅客機を利用した貨物専用便についても、機動的に設定していく。

なお、沖縄国際物流ハブについては、貨物専用機を中心としたモデルから、那覇空港へ就航する他社の国際旅客便やPeachの貨物スペースも活用したモデルへと移行することで、eコマース商品等の輸送需要に対応していくとしている。

<運航路線>
20210205ana3 520x330 - ANA/貨物便輸送事業計画を策定、貨物専用機を成田空港に集約

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集