LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

大日本印刷/新型コロナワクチンの非電源輸送ボックス発売

2021年02月15日/IT・機器

大日本印刷(DNP)は2月15日、独va-Q-tec AG社の医薬品専用断熱ボックス「va-Q-tec(バキュテック)」ボックス製品シリーズについて、日本国内での本格販売を開始したと発表した。

<-70℃以下対応の製品「va-Q-proof(Dry Ice)」>
20210215dnp1 - 大日本印刷/新型コロナワクチンの非電源輸送ボックス発売

<-25℃~-15℃、2℃~8℃に対応する製品「va-Q-proof」(左)、「va-Q-one」(右)>
20210215dnp - 大日本印刷/新型コロナワクチンの非電源輸送ボックス発売

同製品は、DNPの「ハイバリアフィルム」等を使った真空断熱材で保冷剤を覆うことで一般的な断熱材より高い断熱性を実現。電源を必要とせず、新型コロナウイルス用のワクチンなどを-20℃や-70℃の超低温を長時間保持したまま輸送することが可能で、va-Q-tec AGが製造を、日本法人のva-Q-tec Japanが輸入を担い、DNPが国内向けの販売代理店として販売する。

-70℃以下、-25℃~-15℃、2℃~8℃と複数の温度帯に適応した製品をラインアップしており、内容量別に4~240リットルまで11種類のサイズを展開。離島などボックスの返却が困難な地域向けに、使い切りのシングルユース品も販売している。

va-Q-tec JapanとDNPは、新型コロナウイルス用ワクチンの輸送に関わる会社などへ同製品を提供し、必要とされるワクチンの安全な長時間の超低温輸送を支援していくとしている。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース