トナミHD/グループの京神倉庫で従業員が新型コロナ感染

2021年02月18日 

トナミホールディングスは2月17日、グループ会社の京神倉庫で従業員の新型コロナウイルス感染を確認した。

感染者は、東京都港区の国際東京支店に勤務。同支店では17日付で消毒作業を完了している。

トナミホールディングスでは、感染者の発生を受け、所轄保健所や関係各所と連携し、感染拡大の抑止に必要な措置を実施する。

具体的には「感染者の行動履歴と濃厚接触者の調査」「当該事業所施設・車両などの消毒作業」「従業員が出社時に検温などの健康状態の確認」「従業員のマスク着用、手洗い、うがい、消毒などの感染予防策の徹底」を行うとしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集