西濃運輸など3社/名古屋~福岡間で混載ブロックトレイン運行

2021年02月17日 

西濃運輸、日本フレートライナー(日本FL)、日本貨物鉄道(JR貨物)は2月17日、「名古屋貨物ターミナル駅~福岡貨物ターミナル駅間」で、混載ブロックトレイン(編成の一部を貸切で輸送するコンテナ列車)の運転を3月29日から開始すると発表した。

列車は24両編成で、1列車あたり31フィートコンテナ22個、20フィートコンテナ10個で計32個(往復で64個)の積み合わせ貨物を輸送。このうち、16両を西濃運輸が使用する。

貨物は西濃運輸のトラックで貨物駅に持ち込まれ、日本FLが受託人となって貨物列車に積載し、貨物駅間をJR貨物が直行輸送する。西濃運輸による混載ブロックトレインの運転は、「カンガルーライナーSS60」に続き2往復目。

3社は、混載ブロックトレインの運行によって鉄道モーダルシフトを推進し、トラックドライバー不足や労働時間等の労務問題への対応のほか、カーボンニュートラルの達成、CO2排出低減(年間5722トン)につなげる狙い。

■混載ブロックトレインの概要
運転開始日:3月29日 ※西濃運輸利用開始日
発着駅:名古屋貨物ターミナル駅~福岡貨物ターミナル駅(約826㎞)
発着時刻:【下り】名古屋22:12発 ⇒福岡12:47着
【上り】福岡0:22発 ⇒名古屋18:23着
列車編成:24両編成(うち西濃運輸16両、一般利用8両)
輸送内容:積合せ貨物(1列車あたり31ftコンテナ22個、20ftコンテナ10個)

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集