楽天、西友/横須賀市で自動配送ロボットによる商品配送開始

2021年03月08日 

楽天、西友、神奈川県横須賀市は3月8日、同市内の馬堀海岸地域で、自動配送ロボットの公道走行によるスーパーからの商品配送サービスを開始すると発表した。

<自動配送ロボットによる商品配送>
20210308rakuten 520x293 - 楽天、西友/横須賀市で自動配送ロボットによる商品配送開始

20210308rakuten1 520x293 - 楽天、西友/横須賀市で自動配送ロボットによる商品配送開始

20210308rakuten2 520x293 - 楽天、西友/横須賀市で自動配送ロボットによる商品配送開始

同サービスは3月23日~4月22日までの期間限定で、地域住民が「西友馬堀店」で購入した商品をパナソニック製の自動配送ロボットを使って自宅まで届ける。

対象地域の住民が専用のスマートフォン向け注文サイトで商品(米や飲料、菓子、調味料、日用品など約400点)を選択し、配送先住所と配達時間帯を指定して注文するか、「西友馬堀店」で購入した商品をサービスカウンターに持ち込んで配送を依頼することで、手数料無料で利用可能。

自動配送ロボットが購入者の自宅前に到着すると、自動音声による電話で到着を通知。購入者は、自動配送ロボット側面の操作パネルに暗証番号を入力して扉を解錠し、商品を受け取る。

走行中の自動配送ロボットは、同地域から約5km離れた「横須賀リサーチパーク」から遠隔監視する。

楽天、西友、横須賀市の3者は、2019年に同市が推進するスマートモビリティ(賢い移動運搬手段)を活用した新規ビジネス創出や社会的課題解決を目指す「ヨコスカ×スマートモビリティ・チャレンジ」の一環として、自動配送ロボットやドローンを活用した一般利用者向け配送サービスを期間限定で提供している。

また、楽天と横須賀市は2020年11月に包括連携協定を締結し、自動配送ロボットやドローンによる無人配送を通じた地域課題の解決に向けて連携している。

今回のサービスは、2020年12月に同地域で実施した公道走行実証実験を経て、自動配送ロボットが安全に公道を自動走行できることを確認し、実現した。

■サービス概要
実施期間:3月23日~4月22日の期間中、火曜日と木曜日のみ計10日間
場所:神奈川県横須賀市馬堀海岸の住宅地(約200m×約120mの範囲)
実施内容:低速・小型の自動配送ロボットが、横須賀市馬堀海岸地域の「西友馬堀店」で取り扱う商品を同地域の住宅地へ配送
実施主体:楽天、西友、横須賀市

■使用する自動配送ロボット
メーカー:パナソニック
機体サイズ:全長115cm×幅65cm×高さ115cm
最大積載量:30kg
最高速度:4km/h

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集