ニチガス/LPガスハブ充填基地「夢の絆・川崎」を開設

2021年03月16日 

ニチガス(日本瓦斯)は3月16日、川崎市川崎区浮島にDXを実装した世界最大規模のLPガスハブ充填基地「夢の絆・川崎」を開設し、稼働を開始した。

<夢の絆・川崎>
20210316nichigasu 520x354 - ニチガス/LPガスハブ充填基地「夢の絆・川崎」を開設

新施設は、一般的なLPガス充填所と比べて敷地面積が10~15倍、充填能力が100倍。月間の充填能力は約200万世帯分にあたる5万トン、容器の検査能力は4万本となっている。

DXの取り組みでは、独自のアルゴリズムを搭載した高性能カメラや生体認証セキュリティゲートによって、車両や人、容器の情報を自動認証でデータ化。これらのデータと、消費者宅に設置された自動検針ツールから送られてくるガス消費データ、物流拠点(デポ)内の容器在庫データをシステム連携し、AI解析によって最適な製造(充填)計画を算出する。

これにより、充填基地とデポ、消費者宅の自動検針ツール、業務システム「雲の宇宙船」がリアルタイムにデータ連携することで、「生産」と「消費」をつなぎ、人による作業を極小化。完全なトレーサビリティによる従来以上に高効率な物流システムを実現する。

ニチガスでは、このシステムを他事業者にも提供することで「LPG託送」という新たな共創環境の実現を目指すとしている。

■夢の絆・川崎の施設概要
所在地:川崎市川崎区浮島町11-4
主要用途・設備:LPガス充填所(14連全自動回転充填機×3基(最大6基まで設置可能))
LPガス容器検査所
LPガス貯蔵設備(貯槽タンク30t×2基、液送ポンプ3台、ガスコンプレッサー7台、トレーラー置場20t×78台
敷地面積:2万8700m2
充填能力:5万t/月(約200万世帯へのLPガス供給が可能)
検査能力:4万本/月

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集