ロジザード/自動出荷管理システム「ASIMS」と自動連携

2021年03月16日 

ロジザードとはぴロジは3月16日、両社の提供するクラウドWMS「ロジザードZERO」と自動出荷管理システム「ASIMS」が、APIによる自動連携を開始したと発表した。

<ロジザードZEROとASIMSの自動連携>
20210316logizerd 520x398 - ロジザード/自動出荷管理システム「ASIMS」と自動連携

この連携により、入出荷や在庫情報が自動連携され、「ASIMS」でAPI対応済みのECカート・モールと連携することで、ECとWMS双方向のAPIによる自動化が実現する。

具体的には、連携によって出荷指示・出荷実績・商品マスタなど倉庫とEC事業者での日々のデータ連携が自動化され、物流や流通のDX化を促進することができる。

また、複数拠点でロジザードZEROを利用している場合も、ASIMSがECカートとWMSのハブとなり、APIで自動連携が可能になるほか、ASIMSの分散出荷機能・一元管理機能を利用することで分散拠点運用が容易に行えるようになる。

そのほか、全国1300拠点以上で稼働しているロジザードZEROを利用しながら、代表的なECカート・モール、基幹システムと自動連携することが可能になる。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集