ANA/成田=ロサンゼルス線の貨物臨時便を運航

2021年03月19日 
関連キーワード:

ANAは3月19日、貨物専用大型機「ボーイング777型フレイター(愛称“BLUE JAY”)」による成田=ロサンゼルス線の臨時便を4月23日に運航すると発表した。

<成田=ロサンゼルス線で運航するB777F型機>
20210319ana 520x346 - ANA/成田=ロサンゼルス線の貨物臨時便を運航

20210319ana1 520x345 - ANA/成田=ロサンゼルス線の貨物臨時便を運航

ANAがロサンゼルスに貨物専用機を運航するのは初めて。ロサンゼルスは、上海、シカゴ、フランクフルト、バンコクに次ぐ5地点目のB777型Fの就航地となる。

臨時便では、アジア・日本発のPC・半導体関連、自動車部品の輸送需要や、北米発の生鮮食品などの需要に対応する。

ANAでは、旺盛な貨物需要に応え、3月に貨物専用機と旅客機による貨物便を合わせ過去最多の2349便を運航する予定。

今後も、保有するB777型F2機と、B767型F9機を最大限活用し、需要動向に合わせ機動的にチャーター便・臨時便を設定することで、確実に収益を確保するとしている。

B777型Fは、ANAで2019年7月から運航している大型貨物専用機。貨物搭載重量はB767型Fの2倍となる約100トン。大量輸送に加え、半導体製造装置や航空機エンジンなどの大型貨物の輸送にも対応できる。愛称の「BLUE JAY」は、北米に多く生息する鳥の青カケス(英名 Blue jay)の勤勉に餌を運ぶ姿に由来している。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集