ヤマトGL/青森産の特A精米をインドに赴任中の駐在員と家族に

2021年03月19日 

ヤマトグローバルロジスティクスジャパンは3月19日、青森産の特A精米「青天の霹靂(へきれき)」をインドに赴任中の駐在員と、その家族へ届けるサービスを3月25日から開始すると発表した。

< 輸送・販売の流れ>
20210319ygl 520x252 - ヤマトGL/青森産の特A精米をインドに赴任中の駐在員と家族に

JALの旅客機を活用した貨物専用便とヤマトグループの物流ネットワークを利用し、インドまで通関・輸送を行う。

インドでは多くの企業が活動を再開し、一時的に日本に帰国していた駐在員も再度赴任し始めているが、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、日本からの生活物資の取り寄せは引き続き困難な状況が続いている。こうした背景もあり、両社が昨年9月より開始した在インド駐在員とその家族への食材や衣料品の輸送サービスは大変好評で、既に多くの企業・団体に利用されている。

一方で、「取り寄せたい」という要望の多い日本産の精米については、通関規制などにより販売ができない状況だった。そこで、このほど、青森県が提供する総合輸出プラットホーム「A! Premium」を活用し、精米の輸送に必要な全ての手続きを一元的に行う仕組みを構築したことで、安定的に日本産の精米を取り寄せることができる販売・輸送サービスを実現したもの。

販売価格は一袋(5kg)4060円+税。これは2021年3月25日時点の価格であり、 インド政府の検疫に対応するための諸経費(作業費、 包装費、 燻蒸費など)を含んだ料金。また、燻蒸処理については、農林水産省の「コメ海外市場拡大戦略プロジェクト推進支援」の制度を利用している。

なお、2021年3月25日13時より、「青森県三八地域県民局地域整備部八戸港管理所くん蒸倉庫」にて、「青天の霹靂」の輸出開始にともない、出荷式を実施する。出荷式後、燻蒸処理をされた「青天の霹靂」をヤマト運輸のトラックに搭載し、インドに向けて運送する。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集