三井倉庫SCS/ソニー物流企画分野で、新たな業務提携

2021年03月22日 

三井倉庫サプライチェーンソリューションは3月22日、ソニーとソニー物流企画分野において、新たな業務提携を行う旨合意したと発表した。

今回の新たな業務提携の目的は、両社の物流企画機能を更に一体化させることで専門性を高めると共に、物流オペレーションとの連携を強めることで、今後激変するビジネス環境下においても、ソニーグループの物流/SCM の最適化に迅速に対応し、より強靭なサプライチェーンを構築することにある。

具体的には、現在ソニーグローバルマニュファクチャリング&オペレーションズが持つ機能をに三井倉庫SCSに移管一体化し、4月1日より業務を開始する。

移管する機能は、「グローバル物流管理実務とソニーグループの各事業に対する物流企画支援機能」「航空及び海上輸送入札運営とパートナー管理を担当する国際輸送企画機能」。現在、既に両社間の契約締結を完了し、これら業務を遂行する新たな組織を三井倉庫SCS内に設置する。

デジタルトランスフォーメーションの進展やニューノーマル時代への変革に向け、世界のサプライチェーンの見直しは急速に進んでいる。同社は、生産から販売までのフローを顧客と共に最適化することで、サプライチェーンの強靭化やコスト削減、オペレーションの簡素化・効率化を実現し、顧客の成長に引き続き寄与していくとしている。

なお、同社は2015年に三井倉庫ホールディングスとソニーとの共同出資により誕生した物流合弁会社であり、発足以来、日本、マレーシア、タイの拠点を中心に工場物流、販売物流、国際輸送、物流企画等の分野においてソニーグループへの物流サービスを提供してきた。

また、これまで培ってきた顧客視点に基づくソリューション力を活かし、ソニーグループにとどまらず、他の多くの顧客にもサービスを拡大し更なる企業価値の向上に取り組んでいる。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集