丸全昭和運輸/茨城・常陸那珂港に新倉庫開設

2021年03月22日 
関連キーワード:

丸全昭和運輸は3月16日、茨城県那珂郡東海村に「常陸那珂倉庫」を新設し、安全祈願祭を実施した。

<常陸那珂倉庫>
20210322maruzen 520x390 - 丸全昭和運輸/茨城・常陸那珂港に新倉庫開設

<営業開始にあわせて行った安全祈願祭>
20210322maruzen1 520x390 - 丸全昭和運輸/茨城・常陸那珂港に新倉庫開設

新倉庫は敷地面積2万m2、延床面積1万m2。2棟の建屋内に定温倉庫8倉、一般燻蒸庫1倉、定温燻蒸庫1倉を備えている。

丸全昭和運輸が港湾運送事業を手がける常陸那珂港区で、過密状態の東京港や横浜港から貨物が移動し、取扱量が拡大している中、再寄託先として取引がある青野産業から倉庫売却の打診があり、3月12日付で取得した。

現在は、主に輸入米や国内米、大豆などを保管しており、今後はその他の農産物や一般貨物の取扱いも行っていく。

■丸全昭和運輸 鹿島支店 常陸那珂倉庫の概要
所在地:茨城県那珂郡東海村大字照沼字渚768番42、43
敷地面積:2万m2
延床面積:1万151.6m2(定温倉庫8倉計8636m2、一般燻蒸庫1倉765m2、定温燻蒸庫1倉749m2)
取扱予定貨物:輸入米、国産米、大豆、その他農産物、一般貨物

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集