名鉄運輸/中期経営計画策定、2030年に売上高1500億円へ

2021年03月22日 

名鉄運輸は3月19日、名鉄運輸グループ長期ビジョン「KogumaSustainable 2030」および名鉄運輸グループ中期経営計画2023の策定についてを発表した。

<長期ビジョン達成の道筋>
20210322meitetsu 520x303 - 名鉄運輸/中期経営計画策定、2030年に売上高1500億円へ

名鉄運輸グループ長期ビジョン「KogumaSustainable 2030」では、これまで培ってきた「こぐま品質」と地域に密着した各社の強みを結集したグループ総合力および事業基盤を強化し、区域・倉庫・3PL等の事業を拡大する。特積事業のコスト構造の抜本的改革を進め、労働生産性の向上を図る一方、区域・倉庫・3PL等の事業の拡大を図り、売上高1500億円を目指すとしている。

名鉄運輸グループ中期経営計画2023では、コロナ禍からの回復期と位置づけ、労働生産性(一人当たり付加価値)を高めることで、「特積事業の融合化モデル・DXによる労働生産性向上」、「人事制度・職場環境の改善」、「持続的な物流ネットワーク」といった改革のトライアングルを回し、中長期的な成長・存在価値向上を実現する。

スローガンとして、Connect(特積事業が区域等の多事業と繋がり、融合化したビジネスモデルへと進化する)、Support(社員が誇りをもって日々成長し合い、お客様にとって、なくてはならない存在となる)、Inovate(自動運転・DXを推進し、物流の未来像への挑戦)を挙げている。

重点テーマでは、1.特積事業の融合化モデルへの進化・DXによる労働生産性向上、2.人事制度・職場環境の改善、3.持続的な物流ネットワークの構築を掲げる。

2023年度の中期経営目標は、短期的にはコロナ禍の影響が続くため、2023年度まではコロナ禍からの回復期と位置づける。2023年度は、コロナ禍前の2019年度と同等の水準である売上高1180億円、営業利益45億円(同利益率3.9%)を目標とする。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集