福山通運、近鉄/名阪特急アーバンライナーで貨客混載事業

2021年03月29日 

福山通運と近畿日本鉄道は3月29日、近鉄が大阪難波~近鉄名古屋間で運転する名阪特急「アーバンライナー」を使用した貨客混載事業を、2021年夏頃をめどに実施すると発表した。

<運用フロー図(イメージ)>
20210329fukutsu1 520x302 - 福山通運、近鉄/名阪特急アーバンライナーで貨客混載事業

<アーバンライナーへの積載(イメージ)>
20210329fukutsu2 520x270 - 福山通運、近鉄/名阪特急アーバンライナーで貨客混載事業

今後、国土交通省に対し物流総合効率化法に基づく総合効率化計画の認定申請を行う。

これまで大阪市内~名古屋市内間の輸送については、翌日以降に配送するサービスが主流であり、当日中に配送するにはトラック等をチャーターする方法が一般的だった。今回の事業では、大阪市内~名古屋市内間の当日配送が安価で可能となり、利用者の利便性を向上させる。

主な顧客ターゲットとして、名阪間での工業製品・部品、商品(日用品・衣料品)等を配送する事業所間を想定している。

これにより、鉄道を有効利用する運送サービスのため新たな投資を要さず、トラック配送と代替することで CO2排出量の削減につながる。また、道路事情に関わらない安定した輸送ルートの確保やドライバー不足対策などさまざまな効果が期待できる。

福山通運と近鉄は、連携を強化することにより、新たな収益源を確保するとともに、SDGsが目指す持続可能な社会の実現に一層貢献していくとしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集