東京建物/神奈川県綾瀬市に2.5万m2マルチ型物流施設を建設

2021年03月31日 

東京建物は、神奈川県綾瀬市にマルチテナント型物流施設「(仮称)T-LOGI綾瀬」を建設する。

<(仮称)T-LOGI綾瀬の完成予想図>
20210331tokyo 520x346 - 東京建物/神奈川県綾瀬市に2.5万m2マルチ型物流施設を建設

<位置図>
20210331tokyo1 520x357 - 東京建物/神奈川県綾瀬市に2.5万m2マルチ型物流施設を建設

同施設は、東京建物にとって着工ベースで全国4件目、神奈川県内では2件目のプロジェクト。地上4階建て2万5000m2の施設で、5月着工、2022年7月の開業を予定している。

3月31日に開通した東名高速道路「綾瀬スマートIC」から2.5km、圏央道「海老名JCT」から5km、保土ヶ谷バイパス(国道16号)「横浜町田JCT」から9kmの立地で、広域配送に加え都心向けの輸配送にも対応可能なポテンシャルを有している。

綾瀬市の中心市街地に近接することから豊富な労働人口を有しており、最寄りの「綾瀬工業団地入口」バス停(相鉄線「さがみ野」駅まで15分)まで60mと通勤アクセスにも優れた施設。綾瀬工業団地内に位置するため、24時間稼働にも対応できる。

同エリアはこれまで高速道路のICから距離がありマルチテナント型物流施設の開発が少ないエリアだったが、「綾瀬スマートIC」の開通で今後は東名道周辺エリアとしての利便性から物流倉庫として根強い需要を見込めると判断した。

施設では、トラックバース(奥行13.5m)を17台用意、バース前の車路はゆとりある幅員とし、前面道路に接続する切下げを敷地北側と西側の2か所に設置することで、トラック動線に配慮した外構計画としている。敷地内にはトラック待機場を10台分確保し、普通自動車用駐車場やバイク用駐車場・駐輪場も整備する。

搬送設備は2~4階の各フロアで倉庫床5875m2に対して垂直搬送機4基、荷物用エレベータ―2基を設置し、庫内の上下搬送を強化。4階には従業員用の休憩室を設置し、働きやすい環境づくりを目指す。

BCPの観点では、行政が指定した浸水想定区域外の水害に強いエリアに立地するほか、非常電源設備を設置し専有部の一部にも電力供給を行う。

そのほか、サステナビリティへの取り組みとして、大容量の太陽光パネルを屋上に導入し、発電した電力を物流施設内で利用することで「環境配慮型物流」としてZEB(ゼロ・エネルギー・ビル)の認証取得を目指す。余剰電力については、東京建物の商業施設「スマーク伊勢崎」に自己託送することを計画する。

■(仮称)T-LOGI綾瀬の概要
所在地:神奈川県綾瀬市深谷上8-24-8(住居表示)
交通:東名高速自動車道「綾瀬スマートIC」2.5km
敷地面積:1万1662m2
延床面積:2万5068m2
構造・規模:鉄骨造、地上4階
設計監理・施工:奥村組
着工:2021年5月10日(予定)
竣工:2022年7月15日(予定)
駐車台数:トラックバース17台、トラック待機場10台、乗用車41台
垂直搬送機:4基(最大荷姿1500W×1300L×2500H)
荷物用ELV:2基(3000W×4500D×3150H、積載3.5t)
※今後、変更の可能性あり

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集