明電舎/協働ロボット搭載形無人搬送車新モデル販売開始

2021年04月08日 

明電舎は4月8日、ファナック社製の新型協働ロボット「FANUC Robot CRX-10iA/L」の搭載に対応した無人搬送車 RocoMo-V(ロコモブイ)の開発を完了し、4月から販売を開始したと発表した。

<RocoMo-V 最新機種>
20210408meiden - 明電舎/協働ロボット搭載形無人搬送車新モデル販売開始

この製品は、2019年11月に販売を開始した協働ロボット搭載形無人搬送車 RocoMo-Vの最新機種となる。

今回、当社無人搬送車(AGV)に搭載したのは、可搬質量10kgのファナック製新型協働ロボット。凹凸のない丸みのある外観でアーム間の挟み込みを回避し、人がロボットアームを直接操作するダイレクトティーチで簡単に教示が可能。

ベース台車となる全方位走行AGVは、LiDAR により走行エリアの地図情報を生成し、自己位置を推定して走行するSLAMに対応しており、設備のレイアウト変更にも柔軟に対応できる。自動充電はオプションで、非接触充電にも対応している。これにより、塵や油などの汚れによる接続不良を防ぎ、どのような作業環境においてもスムーズに充電することができるようになった。

なお、この製品の開発では、AGV機能の最適化や部材の見直しなどを行うことにより、従来製品に比べコスト30%低減を実現した。また、AGVとロボット間のデータ送受信量を従来の50倍に増強したことでAGVとロボットの連動性が向上し、より複雑なシステム構築が可能となった。

■概要
名称:無人搬送車
運行方式:ルートデータ方式
誘導方式:マルチ誘導式(磁気誘導、SLAM 誘導)
駆動・操舵方式:二輪速度差操だ輪方式 x2式
走行方向:全方向(前後進、横行、斜行、スピンターン)
許容積載質量:64kg(積載搬送物 54kg、ロボット手首部可搬質量相当 10Kg)
最高速度:前後進 60m/min 横行 30m/min
停止精度:±10mm(磁気誘導)±50mm(SLAM 誘導、条件有り)
登坂能力: 2%(連続5m)
充電方式:自動充電 右側面:接触式(標準) 左側面:非接触式(オプション)
バッテリー: 鉛シールド型 24V 100Ah(標準)、急速充電選択(オプション) 鉛シールド型 24V 70Ah

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集