Azoop/物流業界支援室を持つ日本M&Aセンターと業務提携

2021年04月13日 

運送業界向けオンライン車両売買プラットフォーム「トラッカーズマーケット」を運営するAzoopは4月13日、日本M&Aセンターと、 業務提携契約を締結したと発表した。

<提携時の様子>
20210413azoop 520x346 - Azoop/物流業界支援室を持つ日本M&Aセンターと業務提携

Azoopは、 オンライン車両売買サービス「トラッカーズ」や、 クラウド運送業務支援システム「トラッカーズマネージャー」など、 運送業界全体の効率化に貢献するサービスを順次開発及び提携をすすめ、運送業界の課題解決に努めている。

様々なサービスを運送会社に提供する中で、事業継承やM&Aに関する相談を受けることが多く、トラッカーズとしてそのような悩みを支援したいという想いから、日本M&Aセンターと提携し「トラッカーズM&A」として、事業継承やM&Aに関連する支援メニューを提供する運びとなったもの。

また日本M&Aセンターでは、物流業界に特化した「物流業界支援室」を設置し、物流業界ならではの課題を解決すべく、M&Aを始め経営全般のサポートを行っている。経営者から悩みを伺う中で、車両や業務改善に関する課題が出てきた際には、Azoopと連携し、課題解決をサポートする体制を構築した。

この提携により、互いの得意分野を活かし、より一層運送業界の成長に貢献するために努力していくとしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集