日野自動車/物流現場に適した小型EVトラックを開発

2021年04月15日 

日野自動車は4月15日、物流現場での使い勝手とカーボンフリーを高次元で両立する、ウォークスルーバン型の超低床・前輪駆動小型EVトラックを開発したと発表した。

<外観>
20210415hino1 520x290 - 日野自動車/物流現場に適した小型EVトラックを開発

<ウォークスルー構造>
20210415hino2 520x374 - 日野自動車/物流現場に適した小型EVトラックを開発

<システムレイアウト>
20210415hino3 520x374 - 日野自動車/物流現場に適した小型EVトラックを開発

<日野デュトロ Z(ズィー) EV コンセプト動画>

これからの「物流のラストワンマイル」に向けた日野の新たな提案として、2022年初夏に「日野デュトロ Z(ズィー) EV」の名称で市場導入予定だ。

同社は、顧客の目線でドライバー不足をはじめ、荷役作業等の配達業務の身体的負荷、荷物の増加や多様化への対応等の現場の課題をとらえ、これらの困りごとを解決する「超低床・前輪駆動」のEVを開発した。

従来の後輪駆動車と比べて床面地上高は半分の約400mmという超低床構造を実現し、荷役作業性や乗降性を大幅に向上させました。さらにウォークスルー構造で宅配現場での使い勝手の良さも追求している。航続距離は、宅配用途に必要な100km以上を目指した。

ウォークスルーバンに加えて、用途に応じた荷台を架装できるキャブシャシ型も設定し、顧客のビジネス形態に合わせた架装を選択できる。

また、現行の日野デュトロより一回り小さいサイズ感とすることで、住宅街を走行しやすいことはもちろん、普通免許で運転可能とし、ドライバー人材確保にも貢献する。コンパクトな車体ながら、必要な荷室容積を確保している。

活躍するシーンとして、主に市街地での宅配を想定しており、さらに店舗内、倉庫内、空港等の大規模施設内での用途や、夜間・早朝の稼動等、場所と時間を選ばない幅広い活用が期待できる。

同社の下社長は「日野初の本格EVである日野デュトロ Z EVは、これからの物流のラストワンマイルに、自信を持って提案する『使えるEVトラック』。宅配物流に焦点を当て、顧客の貴重な意見を伺いながら完成させた。その答えが、使い勝手を追求した『超低床ウォークスルーEVバン』という形」と述べている。

■主要諸元 (ウォークスルー型・参考値)
全長×全幅×全高:約4.7×1.7×2.3 [m]
床面地上高:約400 [mm]
車両総重量:3.5t 未満
乗員:2人
モーター:永久磁石式同期モーター、最高出力50kW
バッテリー:リチウムイオンバッテリー、容量40kWh
充電方法:普通充電、急速充電(CHAdeMO方式)
主な安全装備:PCS(プリクラッシュセーフティシステム)、誤発進抑制機能(インテリジェントクリアランスソナー)、電動パーキングブレーキ、電子インナーミラー、車線逸脱警報

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集