エイトノット/ロボットボートで瀬戸内海の離島輸送を円滑化

2021年04月16日 

エイトノットは4月16日、はDRONE FUNDを引受先とする第三者割当増資により、プレシードラウンドでの資金調達を実施したと発表した。

<EVロボティックボート 参考イメージ>
20210416eightnot 520x391 - エイトノット/ロボットボートで瀬戸内海の離島輸送を円滑化

エイトノットは、「ロボティクスとAIであらゆる水上モビリティの自律化する」ことをミッションに設立された自律航行技術開発のスタートアップ。

ロボティクスに精通したメンバーで構成されたチームは、最終プロダクト、サービスを意識した開発をスピーディに実施することが可能であり、2025年の自律航行船の社会実装を目指している。今回の第三者割当増資で調達した資金を活用し、事業活動を加速させていく。

事業活動は「EVロボティックボートのプロトタイプ開発」「ロボティクス及びAIに精通したエンジニアリングチームの強化」「実証フィールドでの環境構築」。

陸の自動運転や空のドローンなど、モビリティの自律化・自動化技術の興隆が著しい昨今、その潮流は船舶をはじめとする水上モビリティにも及んでいる。

自律化が進むことで、モビリティの安全性、利便性、経済合理性の向上を図ることができ、四方を海に囲まれた日本において、旅客・物流の既存産業へ新たな移動・輸送手段となることが期待される。観光・レジャーではより手軽な水上体験を提供できるなど、新たな産業の創出にもつながると考えている。同社は、ロボティクスやAIなど先端技術を活用し「水上モビリティのロボット化」をコンセプトに、環境に配慮したEVロボティックボートによる水上オンデマンド交通の実現を目指していくとしている。

2023年に、水上移動・輸送が生活インフラとなっている離島地域での一部サービス開始を目指している。それに伴い、瀬戸内海の離島で、2021年秋に自律航行EV船の実証実験を行う。実証実験を通じて、島民のニーズの深堀りと社会実装に向けた環境調査を行い、将来的には離島広域をカバーするサービスとなるよう開発を進めていく予定だ。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集