ブラザー/トヨタとフロンレスフォークリフト用クーラー開発

2021年04月19日 

ブラザー工業は4月19日、フォークリフト用のフロンレススポットクーラー「PureDrive-FL」を開発したと発表した。

<フォークリフト用フロンレススポットクーラー「PureDrive-FL」>
20210419brother 520x193 - ブラザー/トヨタとフロンレスフォークリフト用クーラー開発

「PureDrive-FL」には、2020年6月に作業現場の暑熱対策として開発した「排熱レス&フロンレススポットクーラー Pure Drive」の技術を活用。国内で3000台超のフォークリフトを使用しているトヨタ自動車の協力を得て開発しており、4月下旬からトヨタの拠点に順次納品を予定している。

<トヨタとの実証試験で充分な暑熱対策効果を発揮>
20210419brother1 - ブラザー/トヨタとフロンレスフォークリフト用クーラー開発

「PureDrive-FL」は、トヨタの協力による実証試験環境で吹出口において27℃以下の暑さ指数を実現し、夏場の過酷な労働環境でも充分な暑熱対策効果を発揮している。

<小型化を可能にした冷却方式の仕組み>
20210419brother2 520x324 - ブラザー/トヨタとフロンレスフォークリフト用クーラー開発

また、加湿方式にダブルエレメント式を採用し、冷却性を維持しながら小型化を実現したことで、フォークリフトのヘッドガードに搭載可能とした。

そのほか、フォークリフトの稼働時間への影響を最小限にするため、低消費電力を実現し、CO2排出削減にも寄与。これまでのブラザー製品の開発で培った解析技術を駆使し、フォークリフト運転時の強い振動や衝撃への耐性を実現した。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集