国交省/LNG燃料システム等導入事業に日本郵船など4件採択

2021年04月28日 

国土交通省と環境省は4月27日、船舶へのLNG燃料システム等の導入事業について1次公募を行い、4件の事業を採択したと発表した。

事業が採択されたのは、日本郵船、NSユナイテッド内航海運、福岡造船、川崎汽船の4社。

このうち、日本郵船は大型自動車船でLNG燃料システムを導入。川崎汽船は21万DWT型ばら積み船にLNG燃料システムのほか、ナビを用いた最適運航システムや風力エネルギーを利用したカイトシステムの搭載を検討している。

同事業は、LNG燃料システムと最新の省CO2排出機器を組み合わせた先進的な航行システムの普及を目指し、LNG燃料による推進に必要な装置(エンジン、燃料タンク、燃料供給システム)や、LNG燃料システムと組み合わせて効果を発揮する省CO2排出機器の導入に係る事業実施に必要な経費の一部を支援(補助率1/2または1/4以内)するもの。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集