オープンロジ/ニッケン刃物の海外向け梱包・配送等支援

2021年04月28日 

オープンロジは4月28日、Kickstarterでの海外クラウドファンディングに成功したニッケン刃物が返礼品のペーパーナイフをアメリカやヨーロッパ各地にいる合計1263人のバッカー(支援者)に届けるために、オープンロジが倉庫での梱包・各国への配送手配を行ったと発表した。

<ニッケン刃物が海外クラウドファンディングしたペーパーナイフ>
20210428openlogi 520x251 - オープンロジ/ニッケン刃物の海外向け梱包・配送等支援

同社は、これまで日本の戦国武将をイメージした「日本刀はさみ」や人気アニメのワンピースとコラボしたペーパーナイフなどを訪日観光客向けに販売し、好評を博していた。また、海外の展示会に出展するなど、海外の販路拡大にも動いていた。

しかし、新型コロナウイルス感染症の影響でインバウンド需要が激減し、海外での販売も困難となったため、海外でのクラウドファンディングに挑戦。世界中から支援者が集まり、目標30万円のところを954万円達成という大成功を収めたが、EMSで配送できない国が多くあることに気づき、そこで、越境EC物流の経験が豊富なことから、オープンロジに倉庫での梱包・各国への配送手配を依頼することにしたもの。

オープンロジは、国内配送のみならず複数の海外配送キャリアとの連携により越境EC物流もワンストップで対応している。新型コロナウイルス感染症の影響で売上に打撃を受け、越境ECや海外でのクラウドファンディングに挑戦したいが「それぞれの国の配送ルールが分からない」「EMSで配送できない地域に送りたいが、どうしたらいいか分からない」という
事業者の海外への配送支援を強化している。

ニッケン刃物の熊田代表取締役は「当社は日本国内のクラウドファンディングに関わる国内配送の実績が多数あるが、海外の個人客への配送経験がほとんどなかったこと、また、支援数が想定以上であったことから、海外配送に豊富な実績があるオープンロジさんに物流面の依頼をさせて頂いた。担当者との打ち合わせもオンラインで実施でき、配送システムの画面を共有しながらの説明はわかりやすく、大変心強く感じた。インボイスの作成や送り状の作成など件数が多いほど手間がかかる部分を確実に代行してくれるため、頼れるパートナーと感じた。今後も機会があれば、海外物流面でのサポートを依頼したいと思っている」とコメントしている。 

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集