丸全昭和運輸/3月期の売上高1.4%減、営業利益は11.0%増

2021年05月13日 

丸全昭和運輸が5月13日に発表した2021年3月期決算によると、売上高1211億3600万円(前年同期比1.4%減)、営業利益98億5100万円(11.0%増)、経常利益104億9000万円(10.7%増)、親会社に帰属する当期利益67億4800万円(16.0%減)となった。

物流事業全体の売上高は1040億2700万円(1.0%減)、営業利益は原価の低減により、83億1400万円(14.2%増)となった。

物流事業全般としては、新型コロナウイルス感染拡大により、一部の対策製品の取扱いが大幅に増加したが、その反面、大部分の既存貨物の取扱いが減少し、物流事業全体では、減収となった。

貨物自動車運送事業については、関東地区では、日用雑貨の取扱い増加があったが、住宅資材や建設機械の取扱い減少があった。中部地区では、農業化学品の取扱い増加があったが、ステンレス製品の取扱い減少があった。関西地区では、電力機器関連の取扱い増加があったが、日用雑貨や住宅資材の取扱い減少があった。さらにモーター関連製品の取扱い減少があり、貨物自動車運送事業全体では、減収となった。

次期は、売上高1350億円(11.4%増)、営業利益105億円(6.6%増)、経常利益110億円(4.9%増)、親会社に帰属する当期利益74億円(9.7%増)を見込んでいる。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集