ヨコレイ/10~3月の売上高8.1%減、営業利益3.1%減

2021年05月14日 
関連キーワード:

ヨコレイ(横浜冷凍)が5月14日に発表した2021年9月期第2四半期決算によると、売上高536億7500万円(前年同期比8.1%減)、営業利益18億5400万円(3.1%減)、経常利益23億4800万円(7.3%増)、親会社に帰属する四半期純利益13億4500万円(4.9%増)となった。

冷蔵倉庫事業の業績は、売上高139億4400万円(2.1%減)、営業利益31億9800万円(9.6%減)。

商社・メーカーなどの取引先による在庫調整や、海上コンテナ不足による貨物の入船遅れから在庫量が減少し、コロナ禍による荷動きの停滞で在庫量が高水準だった前期と比べて減益となった。

また、タイ連結子会社のTHAI YOKOREIは、主要保管品目の畜産品を主としてコロナ禍による労働者不足や生産調整により生産量が落ちたため、在庫が減少し減益となった。

通期は、売上高1110億円(3.5%減)、営業利益39億円(14.3%増)、経常利益38億円(2.7%増)、親会社に帰属する当期純利益24億円(2.5%増)を見込んでいる。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集