東急不動産/東京都江東区南砂町に1.4万m2の都市型物流施設着工

2021年05月31日 
関連キーワード:

東急不動産は5月31日、シリーズ展開している物流施設「LOGI’Q(ロジック)」ブランドで、新たに「LOGI’Q南砂南砂町」を5月25日に着工したと発表した。

<LOGI’Q南砂町外観パース>
20210531tokyuf1 520x347 - 東急不動産/東京都江東区南砂町に1.4万m2の都市型物流施設着工

<エントランスイメージ>
20210531tokyuf2 520x347 - 東急不動産/東京都江東区南砂町に1.4万m2の都市型物流施設着工

「LOGI’Q南砂町」は、延床面積約1万6600m2のマルチテナント型物流施設。首都高速中央環状線「清新町I.C.」から約2.8km、首都高速9号深川線「木場I.C.」から約4.0kmと都心部エリアはもちろん、関東全域へ即日配送可能な位置に有している。加えて、東京メトロ「南砂町」駅から約 1.4km、最寄りの都営バス「葛西橋」バス停から徒歩1分と、倉庫内で勤務する人材の確保に恵まれた立地となっている。

同社独自開発としては初の都市型開発物件であり、ボックス型、地上6階建の倉庫を建築予定。設備には、庫内の保管効率を高める為、倉庫内部の間仕切り壁を全て防火シャッターとし、また、6階建倉庫のため上下搬送能力を高めるべく、一般的なものよりも搬送スピードが高い荷物用 EV と垂直搬送機を設置予定だ。

有効天井高5.5m、床荷重1.5t/m2と、近年必要とされる基本スペックに加え、庫内照度も300Lxとすることでピッキングや伝票確認といった庫内作業の効率化を図る。

BCP対策としては、非常用発電機を設置予定で、停電時などでもオペレーションへの影響を最小限に抑える。また、河川の氾濫等に備え、キュービクル、室外機等の各種設備機器及び防災センターを当社想定浸水ラインよりも上部に設置することにより、災害時の影響を抑制し、オペレーション機能回復までの時間を短縮する。

<共用部イメージ>
20210531tokyuf3 520x381 - 東急不動産/東京都江東区南砂町に1.4万m2の都市型物流施設着工

さらに、施設で働く人々の職場環境にも配慮し、従業員が快適に過ごせるよう、同社グループでもオフィスや商業施設のデザイン実績を多く持つ「SIGNAL Inc.」の監修により、木調でインテリアを統一し、シンボルツリーやボタニカルウォールによって居心地のいい空間に仕上げる。

最上階共用部には食事や休憩ができるラウンジを設置し、ラウンジから屋根付きのオープンテラスに出ることができる従業員がリフレッシュできるスペースも設ける予定だ。

<「竣工前評価証明書」を取得>
20210531tokyuf4 520x251 - 東急不動産/東京都江東区南砂町に1.4万m2の都市型物流施設着工

なお、立地特性(羽田空港・東京湾岸エリア近接)を活かし、高付加価値かつハイリスク商品(重要書類・医療品・貴金属・精密機械他)の保管において、セキュリティーを重視するテナント企業向けに、入居前から建物セキュリティプランの妥当性・安全性を客観的に評価したいという要望に応える為、セコムと連携を行い、世界的認証機関である SGSグループであるSGSジャパンが認証する「竣工前評価証明書」を取得した。

これにより、テナント企業は自社もしくは荷主企業に対し、公的な建物セキュリティーに関する評価を物件選定の判断基準に用いることができ、また、事前に共用部を含めた建物全体で認証を取得する事で、テナント企業が入居後に専有部内での個別認証取得が容易になり、ハイリスク荷物に対して運用コスト低減のメリットが出る可能性がある。

「LOGI’Q南砂町」では現在、入居企業を募集。専用のセンターとして一棟での使用、および 2テナント対応も可能だ。

■「LOGI’Q南砂町」施設概要
所在地:東京都江東区東砂6丁目56番1(地番)
用途地域:準工業地域
主要用途:倉庫、事務所
敷地面積:5554.89m2
貸床面積:1万4503.18m2
建物構造:S造 地上6階建
着工:5月25日
竣工:2022年5月末(予定)
設計監理:コモン・リンク(意匠)
     淺沼組東京本店一級建築士事務所(構造、機械設備、電気設備)
施工:淺沼組東京本店
CM:H&K 建築事務所
梁天井有効高:5.5m(一部除く)
トラックバース:14台(2t 車の場合/大型車の場合は 10台)
駐車場:普通自動車34台、トラック待機場

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集