大和物流/滋賀物流センターを5倍に拡大して建て替え

2021年05月31日 

大和物流は5月31日、滋賀県湖南市において物流施設「滋賀物流センター」の建て替え工事を進めていたが、このほど竣工したと発表した。

<滋賀物流センター外観>
20210531daiwabu1 520x282 - 大和物流/滋賀物流センターを5倍に拡大して建て替え

<トラックバース>
20210531daiwabu2 520x375 - 大和物流/滋賀物流センターを5倍に拡大して建て替え

<倉庫内観>
20210531daiwabu3 520x371 - 大和物流/滋賀物流センターを5倍に拡大して建て替え

同社では、今後のさらなる物流ニーズの多様化を見据えた、物流基盤強化を目的に、賀物流センターを平屋建てから地上3階建てにし、延床面積を約5倍に拡大する建て替え工事を行った。このセンターの総延床面積は、別棟を含めて1万8788m2(約5683坪)となる。

センターの特長では、トラックバースは、低床式ホームを採用し、建材や電気機械などの重量物の取り扱いに最適な仕様にした。倉庫内には貨物用エレベーター2基と垂直搬送機1基を設置することで、効率的に貨物を搬送できる。また、奥行10mの庇を備えているため、天候に左右されない入出庫が可能。

立地面では、名神高速道路「竜王IC」から約10㎞、「栗東湖南IC」から約11㎞の距離に位置するとともに、国道1号へのアクセスに優れている。また、滋賀県内最大級の工業団地「湖南工業団地」に隣接し、企業の生産拠点が数多く立地していることから、製造業向けの物流拠点としても適している。

今後の運用では、広域交通の利便性を踏まえ、関西エリアに拠点を置くメーカーや流通業者向けに、効率的な保管・輸配送拠点として稼働する。また、沿岸部と比べて津波被害のリスクが少ない内陸部の立地特性を活かし、セキュリティ完備の文書保管倉庫としても運用する。

<滋賀物流センター(左)と増築棟(右)>
20210531daiwabu4 520x337 - 大和物流/滋賀物流センターを5倍に拡大して建て替え

<周辺地図>
20210531daiwabu5 520x266 - 大和物流/滋賀物流センターを5倍に拡大して建て替え

■概要
名称 大和物流株式会社「滋賀物流センター」
所在地 滋賀県湖南市朝国字東 261-1
敷地面積:1万4722.85m2
延床面積
本棟:1万5356.00m2
別棟:3432.00m2
合計:1万8788.00m2
構造・規模:鉄骨造 地上3階建て 低床式
床荷重 1 階:2.0t/m2、2・3 階:1.5t/m2
搬送設備
貨物用エレベーター2 基(3.6t:1 基、4.6t:1 基)
垂直搬送機 1 基(1.5t)
アクセス
名神高速道路「竜王IC」から約10㎞、
「栗東湖南IC」から約11km
最寄り駅 JR草津線「三雲駅」から約1㎞
着工:2020年7月22日
竣工:2021年5月31日
稼働:2021年6月1日
施主:大和物流
設計・施工:大和ハウス工業
運営:大和物流

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集