国交省/2021年度サプライチェーン輸送効率化支援事業開始

2021年06月07日 

国土交通省は6月7日、発荷主・輸送事業者・着荷主等が連携計画を策定し、AIやIoT等の新技術の導入により、サプライチェーン全体の効率化を図る取組を支援すると発表した。

<事業イメージ>
20210607kokkosyo 520x354 - 国交省/2021年度サプライチェーン輸送効率化支援事業開始

申請は、6月7日から受け付ける。

この事業は、サプライチェーン全体の関係事業者が連携し、伝票やパレット等の標準化・共通化や、共通システムを構築してデータの共有を行うこと。それにより、サプライチェーン全体の物流の効率化を図るとともに、AI・IoT等を活用して共通システム上のデータと無人搬送機や自動配送ロボット等を連携させることで、大量の貨物を効率的に処理し、更なる省エネ化や生産性の向上の実現と、システムや好事例を横展開することを目的とする。

■概要
申請受付期間:6月7日~7月21日
補助事業の執行団体:パシフィックコンサルタンツ
詳細
https://www.pacific-hojo.jp/

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集