三井不動産/首都圏最大級のロボット開発拠点設置

2021年06月11日 

三井不動産は6月10日、公民学連携で街づくりを推進している柏の葉スマートシティ「イノベーションキャンパス地区」内の135街区において、開発途上のロボットやドローンなどのモビリティの開発をサポートする「KOIL MOBILITY FIELD」を6月15日にオープンすると発表した。

<KOIL MOBILITY FIELD外観写真>
20210611mitsuif1 520x235 - 三井不動産/首都圏最大級のロボット開発拠点設置

2014年4月に開業した、新たな産業を生み出す企業が集まるインキュベーション施設オフィス「KOIL」、さらに2021年1月に開業したオフィス「KOIL TERRACE」に続き、「KOIL」シリーズ初の屋外施設となる「KOIL MOBILITY FIELD」の誕生により、柏の葉スマートシティの新産業創造をさらに加速させていくとしている。

KOIL MOBILITY FIELDの特徴では、「ドローンや自動運転など、ロボットの開発検証の内容に合わせた場を複数用意」「受付窓口を簡略化したワンストップによる手続きでの利用が可能」「都心からのアクセスが至便で、近隣に宿泊施設、商業施設があり、中長期的な開発検証に有利な立地。また、今後さらに開発・実験をサポートする各種施設がオープン予定」を挙げている。

<KOIL MOBILITY FIELD>
20210611mitsuif2 520x326 - 三井不動産/首都圏最大級のロボット開発拠点設置

KOIL MOBILITY FIELDの施設構成では、「モビリティサーキット(全長400m、幅員7m)」を用意。自動運転、走行中ワイヤレス給電、歩行支援ロボットなどのマイクロモビリティ開発に利用する。

「ドローンフィールド(緩衝ネット付飛行テスト施設)」(23m×18m×高さ9m)では、水素燃料電池ドローン、有人ドローンなどの開発を行なう。

「草刈りフィールド」(1245m2)では、ロボット草刈機の開発を行う。

「作業室(トレーラーハウス)」(約30m2(40フィートコンテナ1基)、電源・空調完備)では、モニターや充電環境を備えたコントロールルームとして活用する。

■施設概要
名称:KOIL MOBILITY FIELD (コイル モビリティ・フィード)
住所:千葉県柏市正蓮寺393番地 中央135街区1内
交通:つくばエクスプレス「柏の葉キャンパス」駅 徒歩11分
開業日:2021年6月15日(予定)
事業主:三井不動産
運営委託先:ドローンワークス
敷地面積:6545m2

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集