日通/上海で海上貨物へのコロナ対応型消毒サービス開始

2021年06月16日 

日本通運は6月16日、中国現地法人の上海通運国際物流が、上海へ到着する輸入海上混載貨物へのコロナウイルス対応型消毒サービスを5月18日に開始したと発表した。

<貨物消毒の様子>
20210616nittsu - 日通/上海で海上貨物へのコロナ対応型消毒サービス開始

同サービスでは、日本発(東京・名古屋・大阪・神戸・博多・門司)をはじめ、香港・フィリピン・タイ発など各国からの仕立て輸入海上混載貨物に対し、上海通運のCFSでサービスを希望する顧客の貨物外装へ消毒液を噴霧する。

希望する顧客には、消毒証明書の発行も可能。CFSでの支払いは、「WeChat」と「Alipay」によるキャッシュレスサービスを利用でき、人と人の接触を極力排した「ウィズコロナ対応型CFS」として安全・安心なサービスを提供する。

■サービス提供拠点
名称:上海通運国際物流 輸入CFS
所在地:上海市浦東新区港迎路88号

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集