オークラ輸送機/6軸ロボットの混載パレタイズシステム発売

2021年07月12日 

オークラ輸送機は7月12日、新開発の6軸ロボット「Ai6F」を活用した「混載パレタイズシステム」の受注活動を開始したと発表した。

<6軸ロボット「Ai6F」を活用した「混載パレタイズシステム」>
20210712okura - オークラ輸送機/6軸ロボットの混載パレタイズシステム発売

<システム構成>
20210712okura1 520x245 - オークラ輸送機/6軸ロボットの混載パレタイズシステム発売

このシステムは「Ai6F」本体、ロボットハンド、2種類の3Dカメラ、AI搭載コントローラで構成。

3Dカメラで読み取った情報(搬送物の寸法、什器への積み付け位置)に基づいてAI搭載コントローラが最適な積み付けパターンを自動生成し、「Ai6F」がパターン通りに搬送物をカゴ車やカートラックなどの運搬用什器に積み込んでいく。

ロボットハンドは、搬送物の上面を吸着するバキュームタイプを採用。時間あたりの処理能力はパレットで400ケース、カートラックで340ケース、カゴ車で320ケース。

オークラ輸送機は、同システムを省力化・省人化への要望が高まっている卸売業や大型量販店などの物流倉庫向けに積極提案していく方針。

概算価格はシステム一式で3000万円、年間販売台数は10台を目標にしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集