全ト協/Gマーク認定で7280事業所の申請を受理

2021年07月20日 

全日本トラック協会は7月20日、「2021年度安全性評価事業に係る申請受理状況」として、2021年7月1日から7月14日までの間、新型コロナウイルス感染拡大防止を図りながら、地方貨物自動車運送適正化事業実施機関(各都道府県トラック協会)を通じて、申請資格要件等をクリアした7280事業所の申請を受理したと発表した。

<Gマーク>
20210720zentokyo0 520x193 - 全ト協/Gマーク認定で7280事業所の申請を受理

<申請件数の推移>
20210720zentokyo 520x296 - 全ト協/Gマーク認定で7280事業所の申請を受理

このうち、新規申請が 1612事業所(前年度比▲56 事業所)となり前年度と比べて減少件数となった。また、更新申請について、今年度は、5回目更新がないため 5668事業所(前年度比▲2159 事業所)減少し、合計では 7280事業所(前年度比▲2215事業所)となった。

更新申請の内訳としては、初回更新申請(2019年度新規申請で認定された事業所に係る更新申請)が 1410 事業所、2 回目更新申請(2018年度初回更新申請で認定された事業所に係る更新申請)が1536事業所、3回目更新申請(2017年度2回目更新申請で認定された事業所に係る更新申請)が1509事業所、4回目更新申請(2017年度3回目更新申請で認定された事業所に係る更新申請)が1213事業所となっている。

今後、評価基準に基づき申請書類の審査を厳正に行い、2021年12月中旬に2021年度「安全性優良事業所」を認定・公表する予定。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集