ZMP/物流支援ロボットの連携開発パートナーに6社追加

2021年07月20日 
関連キーワード:

ZMPは7月20日、物流支援ロボット「CarriRo(キャリロ)」の連携開発を行うパートナー企業として、新たに6社(RFルーカス、パトライト、ダイヘン、YE Digital、日本サイトラインシステムズ、タクテック)が参画したと発表した。

20210720zmp 520x207 - ZMP/物流支援ロボットの連携開発パートナーに6社追加

RFルーカスとはRFIDソリューション、パトライトとは可視化ソリューション、ダイヘンとは自動充電ソリューション、YE Digitalとはピッキングシステム、日本サイトラインシステムズとは工程間監視ソリューション、タクテックとは物流トータルソリューションについて、それぞれCarriRoとの機能連携について開発に取り組む。

ZMPはCarriRoについて、サトーやシーイーシー、凸版印刷など10社と連携開発を進めており、参画企業は今回で計16社に拡大した。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集