伊藤忠都市開発/大阪府箕面市でマルチテナント型物流施設竣工

2021年07月26日 

伊藤忠都市開発、伊藤忠商事、サンケイビルは7月26日、大阪府箕面市森町西において進めていた「(仮称)箕面森町物流施設」が6月30日に竣工したと発表した。

<(仮称)箕面森町物流施設外観>
20210726itochu1 520x347 - 伊藤忠都市開発/大阪府箕面市でマルチテナント型物流施設竣工

<(仮称)箕面森町物流施設内観>
20210726itichu2 520x347 - 伊藤忠都市開発/大阪府箕面市でマルチテナント型物流施設竣工

この立地場所は、北部大阪都市計画事業水と緑の健康都市特定土地区画整理事業に伴い創設されており、新名神高速道路「箕面とどろみIC」から約2km(自動車で約3分)と利便性が高い場所に位置している。箕面グリーンロードや新御堂筋を利用することにより、北摂エリアまで10分、大阪中心市街地まで30分以内でのアクセスが可能であり、京阪神地域や中国地方・四国地方といった広範囲に対する物流拠点としても期待されている。都心部へのアクセスの良さに加え、周辺には住宅エリアが開発されていることなどから、雇用優位性も高い立地。

物件は、地上4階建て延床面積約2万1663m2のマルチテナントにも対応可能な物流施設であり、トラックバース12台、トラック待機場2台、天井高5.5m、荷重1.5t/m2のスペックを備えている。

同社は今後も首都圏・関西圏を中心に、積極的に物流施設の開発を行うとともに、総合デベロッパーとしての不動産開発ノウハウと伊藤忠グループの豊富な顧客リレーションなどの強みを発揮し、物流インフラを発展させることで豊かな社会づくりに寄与していくとしている。

■物件概要
名称:(仮称)箕面森町物流施設
所在地:大阪府箕面市森町西三丁目4番8号
交通:新名神高速道路「箕面とどろみIC」から約2km(自動車で約3分)
用途:倉庫・事務所
敷地面積:約1万1516m2 (3483坪)
延床面積:約2万1663m2 (6553坪)
構造・規模:鉄骨造、 地上4階
設計・施工:鴻池組
着工:2020年7月9日
竣工:2021年6月30日
床荷重:1.5t/m2
柱スパン:10.4m×10.0m
梁天井有効高:5.5m
照明照度:300lx
ドッグレベラー:3台(1階)
荷物用EV:3500kg 2台
垂直搬送機:1500kg 2台
トラックバース:12台
駐車場:41台、バイク8台、トラック待機場2台

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集