イオン北海道/低温物流センターとプロセスセンターを稼働

2021年08月02日 

イオン北海道は8月2日、石狩市に建設した「イオン石狩PC」を稼働すると発表した。

<イオン石狩PC外観>
20210802aeon 520x293 - イオン北海道/低温物流センターとプロセスセンターを稼働

同社の新たな物流拠点であるこのセンターは、札幌市の中心部から約15km北側に位置し、国際貿易港である石狩湾新港湾区域内に所在している。

同センターは、「強い食」の実現や札幌圏への商品供給を目的として、低温物流センター(1階部分)を8月18日より、畜産、デリカの商品製造を行うプロセスセンター(2階部分)を8月24日より稼働する。

商品製造においては、牛肉・豚肉のオリジナルブランド化の取り組みや安全・安心でおいしい魅力ある商品を全道の顧客へ届けることを目的に商品開発を行い、同社だからこそ提供できる「強い食」を実現するとしている。

物流においては、札幌市近郊のイオン、イオンスーパーセンター、マックスバリュ計54店舗への商品供給を担う。また、センター運営としては、構内作業の効率化を図るため、商品入荷用のコンベア導入や商品仕分けの自動化を進め効率向上を図る。

■概要
施設名:イオン石狩PC
所在地:北海道石狩市新港南2丁目9番4
敷地面積:12万1636.6m2
延床面積:2万7559.8m2
建物構造:鉄骨造2階建て
着工開始:2020年4月
稼働開始:2021年8月18日 物流センター稼働
     2021年8月24日 畜産及びデリカのプロセスセンター稼働
設計施工:西松建設
事業内容:畜産品、デリカ・惣菜の加工、低温物流

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集