日立物流/物流センター内の指示機能を高度に自動化で特許取得

2021年08月02日 
関連キーワード:

日立物流は8月2日、物流センター運営の最適化を担う統合制御システムである「RCS (Resource Control System)」に関する特許を取得したと発表した。

<特許の概要>
20210802hitachib1 520x200 - 日立物流/物流センター内の指示機能を高度に自動化で特許取得

<システムイメージ>
20210802hitachib2 520x308 - 日立物流/物流センター内の指示機能を高度に自動化で特許取得

従来、物流センター内の各設備の作業指示データは独立しており、特定の設備への作業集中によるラインの滞りを回避するためには、管理者が各設備の稼働状況を確認し、作業の優先順位を加味してリソースの調整を行う必要があった。

日立物流のRCSは、物流センター内の自動化設備の稼働情報および作業者の実績情報を把握し、各設備や作業者への指示を行う作業実行機能を備えた統合制御システム。入出荷データとマテハン機器および作業者のリソース情報を集約し、効率が最も良くなるように作業の割り付けを行うことで、物流センター全体の生産性を最適化する。

これにより、従来人手を中心に行っていた物流センター内の指示機能を、高度に自動化することが可能となる。

このRCSの特徴は、複数の WMS(Warehouse Management System:倉庫管理システム)からの入出荷情報を効率的にグルーピングする機能(=タスク生成)と、作業量、作業ネットワーク、各工程の生産性、全体リソース(人員を含む)に制限事項、優先事項、平滑要件等を加味した工程計画を作成する機能により、各工程への作業指示データを生成する。

また、各マテハン設備の稼働実績を収集し、工程計画にフィードバックを行い、スケジューリングを繰り返すことにより、能動的に最適な工程管理を生成する。

現在このRCSは埼玉県春日部市のECプラットフォームセンターに実装済みのほか、埼玉県加須市の東日本第二メディカルセンタ
ー(2021年9月稼働)に導入予定だ。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集