日中韓物流大臣会合/強靭で円滑、環境に優しい物流推進で連携

2021年08月23日 

国土交通省は8月23日、日中韓3国の物流のあり方について議論するため、8月20日に「第8回日中韓物流大臣会合」が、日本主催によりオンライン形式で開催され、赤羽一嘉国土交通大臣が出席したと発表した。

<第8回日中韓物流大臣会合の様子>
20210823kokkosyo 520x290 - 日中韓物流大臣会合/強靭で円滑、環境に優しい物流推進で連携

会合では、昨今の新型コロナウイルス感染症の拡大や世界的な気候変動などの影響を踏まえ、3国間の強靭で円滑かつ環境にやさしい物流の推進に向けた連携強化を確認し、共同声明を採択した。

共同声明は、1.強靭な物流ネットワークの推進、2.シームレス物流システムの実現、3.環境にやさしい物流の構築の3点。

赤羽国土交通大臣からは、新型コロナウイルス感染症等の世界的なリスクの発生時においても途切れることのない「強靭な物流」、物流DX(デジタル・トランスフォーメーション)等を通じた「シームレスな物流」、カーボンニュートラルをはじめとした近年の気候変動問題を踏まえた「環境にやさしい物流」について、3国間で連携し推進することの重要性を述べ、中韓両国から賛同を得た。

参加者は日本から赤羽 一嘉 国土交通大臣、中国からは李 小鵬(リー・シャオペン)交通運輸部 部長、韓国からは、文 成赫(ムン・ソンヒョク)海洋水産部 長官。

次回の日中韓物流大臣会合については、中国が主催することとなった。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集