LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

日本GLP/GLP平塚Iで神奈川県平塚市と災害協定

2021年08月23日/3PL・物流企業

日本GLPは8月23日、GLP平塚I(神奈川県平塚市)の入居企業である中央物産とともに、神奈川県平塚市と、「災害時における応急物資の確保及び物資の一時保管等に関する協定」を締結した。

<GLP平塚I>
20210823glp1 520x346 - 日本GLP/GLP平塚Iで神奈川県平塚市と災害協定

GLP平塚Iは、2020年11月に竣工した延床面積4万1000m2の中央物産の専用施設。スロープで1・2 階へ直接アクセスが可能であるとともに、十分なバース数を設けることで、多様な用途への対応を可能にしている。また、非常用発電機を設置し、停電時にも倉庫としてのオペレーションが18時間以上可能であることなど、事業継続のためのさまざまな取り組みを行っている。

今回の協定では、地震や風水害などの災害時に、中央物産が自社で所有する生活必需品等の応急物資を、日本GLPがそれらの一時保管場所として高いBCP機能を備えた災害に強い物流施設を、それぞれ市へ提供し、3者間で迅速な連携体制を構築することが可能になる。

<左から、日本GLP 帖佐義之社長、平塚市 落合克宏市長、中央物産 原幸男社長>
20210823glp 520x347 - 日本GLP/GLP平塚Iで神奈川県平塚市と災害協定

日本GLPの帖佐 義之社長は、「日本GLPは物流不動産デベロッパーとして地域住民や地域コミュニティとの共生を実現する施設を開発してきたが、物流施設の災害時利用はそうした共生の大きな柱の一つとなる。今回、入居企業の中央物産による厚意と賛同を得て、平塚市と災害協定を締結した。今後も、社会インフラの一翼を担う物流施設のデベロッパーとして、GLPの物流施設が地域の災害対策、地域コミュニティの安心・安全に貢献できるよう精進していく」とコメントしている。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース