JR東日本、農業総研/朝どれ農産物首都圏輸送の実証実験開始

2021年09月13日 

東日本旅客鉄道(JR東日本)と農業総合研究所は9月13日、「JRE農業ステーション」から首都圏消費地へ運ぶ朝どれ農産物輸送の実証実験を実施すると発表した。

<販売までのイメージ>
20210913jreast 520x142 - JR東日本、農業総研/朝どれ農産物首都圏輸送の実証実験開始

期間は、9月14日~11月30日の火曜日・木曜日(祝日除く)。販売時間については列車到着後準備出来次第とするが、9月14日~10月11日までは14:00頃、10月12日~11月30日までは16:30頃を予定している。

販売内容は、当面ブロッコリーなどの朝どれ野菜を首都圏消費地へ運ぶ。その他、鮮度の高い農産品を選定し集荷したその日に運ぶ。朝どれブロッコリーは、早朝に収穫したものを発泡スチロールに氷を詰めて出荷する。1個250円の予定。

JR東日本は、グループ経営ビジョン「変革2027」で掲げる「地方を豊かに」する取り組みの一環として、農業総合研究所との提携を通じた農業の活性化により、地方創生に貢献する。

同社は「ローカルDX(デジタルトランスフォーメーション)」の推進の一環として、中央線の列車を活用し「JRE農業ステーション」から首都圏消費地へ朝どれ農産物を輸送する実証実験を実施するもの。

中央線辰野駅に整備した「JRE農業ステーション辰野駅」で集荷した朝どれの農産物を、八王子駅構内「やまたまや」で販売する。本来生産地の近隣でしか手に入らない、鮮度が高く魅力ある農産物を顧客に提供する。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集