マンダム/福崎工場敷地内に新生産棟、無人搬送ロボット導入

2021年09月16日 

マンダムは9月16日、兵庫県神崎郡の福崎工場敷地内に新生産棟を建設、工場全体を一体化し同日竣工したと発表した。

<新工場の外観>
20210916mandom1 520x347 - マンダム/福崎工場敷地内に新生産棟、無人搬送ロボット導入

<無人搬送ロボットを活用>
20210916mandom2 520x381 - マンダム/福崎工場敷地内に新生産棟、無人搬送ロボット導入

自動化や少人化を更に進め、安心・安全・生産性の向上を図るとともに、環境負荷の低減や化粧品工場としての魅力も兼ね備え、また、フレキシブルな生産体制が敷ける設計により、生活者の変動する需要にも対応する。今後も福崎工場は、新たな生産体制で継続してグループのイノベーションセンターとして変革・挑戦を行っていくとしている。

新工場の特長の一つが、一棟完結型工場となり、効率的で高品質なモノづくりが可能になったこと。

従来の剤型別分散型の工場から全剤型集約型の工場へと生まれ変わることで、大幅な自動化やIoTの活用が可能になり、安全性・生産性の向上により効率的で高品質なモノづくり体制を確立した。

例えば、無人搬送ロボットを導入し、人を介さずに次工程へ移送することにより、従業員の重筋作業を軽減し、人とロボットが協働でモノづくりをする現場を実現した。また、既存棟とは連絡通路で接続し移動可能にしたことで、原材料搬入から製品が完成するまで人とモノが屋外に出ることがなくなり、従業員動線の削減に加えてクリーンな環境を維持し、品質向上に寄与できるようになった。

<太陽光パネルを設置>
20210916mandom3 520x390 - マンダム/福崎工場敷地内に新生産棟、無人搬送ロボット導入

そのほか、太陽光パネルによる自家発電や重力を利用した中味移送により、 環境負荷を低減。従業員が安全・安心に、快適に働ける環境整備に加え、魅力ある工場として来場者が楽しめる空間としている。

■新工場概要
名称:第5工場
所在地:兵庫県神崎郡福崎町高橋290-28(現福崎工場敷地内)
建築面積:8753平方m2(新生産棟&エントランス)
延床面積:2万4293m2(新生産棟&エントランス)
階数:地上5階建(一部吹き抜け)
生産品目:ワックス製品、 チューブ製品、 液体製品
投資額:146億円
着工時期:2019年2月
稼働開始:2020年9月(移設完了設備より随時)

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集