佐川急便/ローソンと不在荷物「店頭受け取り」トライアル開始

2021年09月17日 

佐川急便は9月17日、ローソンと協働で不在で配達できなかった荷物をローソン店舗で引き渡す取り組みのトライアルを長崎県内で9月21日から開始すると発表した。

<運用フロー>
20210917sagawa 520x196 - 佐川急便/ローソンと不在荷物「店頭受け取り」トライアル開始

実施期間は9月21日~2022年2月28日まで。対象店舗は長崎県内のローソンおよびローソン・ポプラ店舗5店舗、対象エリアは長崎県五島市福江島。

サービス内容は、不在で受け取れなかった荷物をローソン店頭で受け取ることが出来る。同社セールスドライバー®が配達に伺った際に不在であった場合、不在票をポストに投函する。不在票を受け取った顧客は再配達手続きの際に様々な再配達方法の中からローソン店頭での受け取りを選択できる。

昨今のライフスタイルの多様化に伴い、同社ではそれぞれの顧客に合った受け取り方の多様化を創造するとともに、この取り組みにより再配達回数の抑止、それによるCO2排出量削減、ドライバー業務の効率化などにつながると考えている。

今後はトライアル結果を検証し、より実効性の高いサービス展開を検討していくとしている。

なお、これまでのローソン店舗での実証実験および実運用は、栃木県宇都宮市(一部除く)、鹿沼市、下野市、栃木市、河内郡、足利市、佐野市、小山市、下都賀郡、山梨県の県甲府市、甲斐市、中巨摩郡、韮崎市、南アルプス市、北杜市、大月市、都留市、南都留郡、富士吉田市、甲州市、山梨市、笛吹市で実施。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集