伊藤忠、いすゞ等/バッテリー交換式EVトラック開発へ

2021年09月21日 

伊藤忠商事は9月21日、環境省が公募した「令和3年度バッテリー交換式EV開発及び再エネ活用の組み合わせによるセクターカップリング実証事業」に、バッテリー交換式EVトラックの研究開発が採択されたと発表した。

同実証事業では、パートナー企業とバッテリー交換式EVトラックや搭載するバッテリーパック、バッテリーパック交換ステーションを開発することで商用車のEV化を促進し、物流網の脱炭素化を目指す。

プロジェクトには、伊藤忠商事のほか、パートナー企業としていすゞ自動車、JFEエンジニアリング、エッチ・ケー・エス、ファミリーマートの4社が参画。開発したトラックをファミリーマートの配送車として運用し、埼玉県の三郷中央定温センターから各ファミリーマート店舗までの走行実証を行う。

実証期間は2022年度下旬~2024年度末を予定しており、トラックのEV化を推進することに加え、バッテリー交換式EVトラックの利便性とコスト競争力を検証。さらに再生エネルギー由来の電力の活用を目指し、持続可能かつ地域貢献型の脱炭素型交通・物流モデルの構築を目指すとともに、車両やステーションの災害時の電力供給源としての役割についても検証する。

■各社の役割
伊藤忠商事:全体のプロジェクト管理、事業性検討
いすゞ自動車:バッテリー交換式EVトラックの開発
JFEエンジニアリング:バッテリー交換ステーションの開発
エッチ・ケー・エス:バッテリーパックの開発
ファミリーマート:実証フィールドの提供

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集