アマゾン/東京都青梅市と千葉県流山市に物流拠点を開設

2021年10月07日 

アマゾンは10月7日、東京都青梅市と千葉県流山市に物流拠点であるフルフィルメントセンター(FC)をそれぞれ開設すると発表した。

<青梅FC>
20211007amazon 520x346 - アマゾン/東京都青梅市と千葉県流山市に物流拠点を開設

<流山FC>
20211007amazon1 1 520x253 - アマゾン/東京都青梅市と千葉県流山市に物流拠点を開設

青梅FCは野村不動産の「Landport 青梅III」(延床面積6万7518m2)を、流山FCは大和ハウス工業の「DPL流山III」(延床面積11万9959m2)を、それぞれ1棟借りして開設する。

この2つのFCを設置することで、国内のFCは合計20か所以上、商品保管能力は10%以上増え、計1500万立方フィート以上に拡大する。

アマゾンジャパンの島谷 恒平FC事業統括本部長は、「東京と千葉はアマゾンにとって重要な地域。2か所のFCでは計数千人規模の雇用を創出する。拠点の拡充によって、販売事業者はアマゾンのフルフィルメントサービスをより身近に利用できるようになり、顧客への配送にかかる距離と時間を短縮することができる。アマゾンは常に技術革新を続けており、世界中の拠点でオペレーションやフルフィルメントに関する考案を常に模索している」とコメントした。

新しく開設されるFCには、Amazon Robotics(AR)、高度な技術、自動化機能が搭載されている。これらの革新的な技術は効率性を高め、注文の処理を迅速に行い、商品をトラックに素早く積み込み、迅速な配達を実現する。

■新FCの概要
「アマゾン青梅フルフィルメントセンター」
所在地:東京都青梅市
延床面積:6万7518m2
稼働開始日:9月22日

「アマゾン流山フルフィルメントセンター」
所在地:千葉県流山市
延床面積:11万9959m2
稼働開始日:10月13日

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集