プロロジス/茨城県古河市で12.1万m2の物流施設着工へ

2021年10月14日 

プロロジスは10月14日、茨城県古河市においてマルチテナント型物流施設「プロロジスパーク古河4」の開発を決定し、2022年1月に着工すると発表した。

<プロロジス古河プロジェクト フェーズ2 (完成予想図)>
20211014prologis 520x293 - プロロジス/茨城県古河市で12.1万m2の物流施設着工へ

「プロロジスパーク古河4」は、物流施設の集積するインダストリアルパークとして計画中の「プロロジス古河プロジェクト フェーズ2」における第1棟目となる。「プロロジス古河プロジェクト フェーズ2」の敷地面積は約17万5200mであり、「プロロジスパーク古河4」はこのうち約6万8000m2の敷地に開発する。2棟目以降はBTS型物流施設を開発する予定であり、引き続き入居企業を募集している。

「プロロジスパーク古河4」は、圏央道の「五霞IC」および「境古河IC」からいずれも約10分とアクセスに優れた北利根工業団地内で開発する。開発地は、関東地方のほぼ中央に位置し、国道・高速道路を利用して、東西南北の主要都市・港・空港まで約1時間で到達可能であるほか、東北道からダイレクトに繋がる加須エリアからも約10kmと近接しており、関東全域のみならず東日本における広域配送拠点としても最適なエリア。圏央道から接続する東名・中央・関越・東北・常磐・東関東自動車道も利用しやすく、東北方面や関西方面へのアクセスも容易だ。

「プロロジスパーク古河4」は、広い敷地を活かし、ワンフロア最大9000坪(約3万m2)での効率的なオペレーションが可能な設計とし、大規模なマテハン導入・自動化にも対応する。

施設の南北2か所にスロープを設け、1・2階は約140m×210mのフロアに両面バースを備える計画とした。3階は約170m×240mの大平面を確保する。

2・3階は、保管効率を重視したメゾネット形式とし、梁下有効高6.3m~最大8.6mとする計画。日用雑貨・消費財などの高積みやラック4段積みも可能となり、一般的な5.5mの天井高に比べて保管効率が格段に向上する。施設全体で最大6企業の入居に対応し、最小賃貸面積は3700坪(約1万2200m2)から利用できる設計とする。

施設内には、働く人のためのカフェテリアやコンビニエンスストアの整備も予定している。また、安全な保管場所の需要が急増している化粧品やアルコール類などの保管も可能な小型倉庫を敷地内に併設。工業専用地域の特性を活かし、さまざまな業種・用途の物流需要に対応する。

BCPの観点から、非常時の発電機燃料としてオイルタンクを備える予定。これにより、防災センターや入居企業の事務所エリアなどへ最大約7日分の電力供給が可能となる。備蓄燃料は、震災等による停電時に施設入居企業へ提供するほか、プロロジスが運営する周辺の物流施設への移送も想定している。さらに、断水時にも約30日間トイレが使用できるよう給水設備を整える予定だ。

ESG推進の取り組みから環境負荷軽減にも配慮し、倉庫内への人感センサー付きLED照明の設置や、屋根面には約3メガワットの太陽光発電を備える予定としている。

また、開発予定地は、東北道と並走する新4号国道から至近(約3分)に立地。新4号国道は、古河エリアから国道16号に接続する「庄和IC」までの全区間が片道4車線以上に整備され、都心部方面へのアクセス利便性にも優れている。

開発地の北東隣では、「プロロジス古河プロジェクト フェーズ1」として、合計約10万6000m2の敷地に3つのBTS型物流施設「プロロジスパーク古河1・2・3」が稼働中だ。

■概要
名称:プロロジスパーク古河4
開発地: 茨城県古河市北利根15番地
敷地面積:約6万8300m2(約2万700坪)
延床面積:約12万1100m2(約3万6600坪)
着工予定:2022年1月
竣工予定:2023年3月末

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集